読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

High strength-of-ties and low mobility enable the evolution of third-party punishment (Proc. R. Soc. B 2013)

  • 概要
    • グラフを考慮した進化シミュレーションで「第三者罰」が進化するかを検討
  • 背景
    • 罰を導入することで協力を促す
    • 今回の罰:特別な形態の「第三者罰」というもの
      • 普通のやつは損を被った人が直接非協力者を罰する
      • 今回は,直接の被害者でない人が罰する
    • 先行研究:direct punishment では punisher の評判が重要な役割を果たす
    • 本研究:評判だけでなく社会構造が重要な条件
  • 社会構造
    • 紐帯の強さ (strength-of-ties):同じ人と頻繁に会う確率
    • 移動可能性 (mobility):現在の集団を離脱できる確率
    • 社会の制約の強さ=tie 強くて mobility 低い
    • 仮説:第三者罰は制約の強い社会環境で進化
  • モデル
    • なんかグラフを作る
    • 移動:確率 m でスワップする
    • game phase, punishment phase