Network link prediction by global silencing of indirect correlations (Nature Biotechnology 2013)

  • 問題
    • 頂点間でどのぐらい相関があるかだけわかってて,グラフを復元する?
  • 手法
    • saliencing transformation S_{ij}
    • global response matrix G, local response matrix S
    • S_{ij} を愚直に求めるのは O(n^2) の連立方程式なので NG
    • 対角項を近似して,G_{ii}=1 の制限を外して計算
  • 実験結果
    • 素朴な G だと,interacting, non-interacting があまり綺麗に分離されない
    • S を使えば,はっきり分離される(大きさ)

ROC 曲線

http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/stat/ROC.html

  • 横軸に false positive, 縦軸に true positive
  • しきい値を動かしながらこれをかく
  • 積分値(Area under ROC = AUROC)が大きいほどしきい値がはっきりしている