読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ACM Paris Kanellakis Award (Theory and Practice Award)

Paris Kanellakis Theory and Practice Award はコンピュータの世界に重要な実用的インパクトを引き起こした理論的研究成果に対して贈られる賞だそうです.賞金は $10,000.

Paris Kanellakis 氏はデータベース分野の研究者でしたが,1995 年に飛行機事故に巻き込まれ亡くなったそうです.賞金にはご両親からの寄付に加え ACM の分科会などからの支援が含まれているそうです.

以下は受賞者と受賞の対象となった成果の表です.上記の Wikipedia 英語版の記事に記載されている表の日本語版……のつもりでしたが,Wikipedia にはよくわからない説明が多くても試しに公式ウェブページの説明を開くとよく知っているキーワードが出てきたりということも多く,そこそこの部分は結局公式ウェブページの説明に基づいています.

受賞者 受賞の対象となった研究成果
1996 Leonard Adleman, Whitfield Diffie, Martin Hellman, Ralph Merkle, Ronald Rivest, and Adi Shamir 公開鍵暗号
1997 Abraham Lempel and Jacob Ziv データ圧縮(LZ アルゴリズム
1998 Randal Bryant, Edmund M. Clarke, E. Allen Emerson, and Kenneth L. McMillan 記号モデル検査と BDD
1999 Daniel Sleator and Robert Tarjan スプレー木
2000 Narendra Karmarkar 内点法
2001 Eugene Myers シーケンスアラインメントアルゴリズム(BLAST)
2002 Peter Franaszek Constrained Channel Coding
2003 Gary Miller, Michael Rabin, Robert Solovay, and Volker Strassen 素数判定アルゴリズム(Miller-Rabin,Solovay-Strassen)
2004 Yoav Freund and Robert Schapire ブースティング機械学習
2005 Gerard Holzmann, Robert Kurshan, Moshe Vardi, and Pierre Wolper 形式的検証システム(COSPAN,SPIN)
2006 Robert Brayton 回路設計のための論理合成
2007 Bruno Buchberger グレブナー基底
2008 Corinna Cortes and Vladimir Vapnik SVM (Support Vector Machine)
2009 Mihir Bellare and Phillip Rogaway Practice-Oriented, Provable-Security (POPS)
2010 Kurt Mehlhorn Library of Efficient Data types and Algorithms (LEDA)
2011 Hanan Samet 4 分木等の多次元データに対するデータ構造
2012 Andrei Broder, Moses S Charikar and Piotr Indyk LSH (Locality-Sensitive Hashing)
2013 Robert D. Blumofe, and Charles E. Leiserson 並列プログラミング(Cilk 等)

回路・ハードウェア寄りの分野は不得手なので不正確かもしれません.より適切な日本語訳などもし有れば教えて頂ければと思います.