読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Activity driven modeling of time varying networks (Nature Scientific Reports 2012)

  • この論文で扱う時間スケール
    • ネットワークの変化の時間スケールと,dynamic process の時間スケールが同じ
    • 感染症など
  • 観察1:PRL 共著ネットワーク
    • 時間,期間で違うグラフ
  • time-aggregated network
    • スナップショットの和
  • activity potential 論文生産性
    • 分布は時間窓を変えても同一になる (PRL, twitter, IMDb)
    • 次数分布はブレるので,次数分布より重要そうである
  • Activity-driven model
    • 各ノードは activity rate a_i (固定値) を持つ
    • 時間Δtの間にa_i Δt の確率で活性化,m 本ランダムにつなぐ.
    • メリット:解析が楽(シンプルすぎるが...)