読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Geometric Origin of Scaling in Large Traffic Networks

PRL 2012

traffic network.空港同士とか.

  • $W_{ij}$ flux = 重み,行き来する荷物の量
  • $S_i$ strength. 次数的な
  • $S_i^d$ distance strength 近傍への地理的な距離 $d_{ij}$ の和

これらの関係をモデル化しているっぽい.先行研究がいっぱいある.べき則みたいなもの,3つ.

  • $W_{ij} \sim (k_i k_j)^\alpha$
  • $S_i \sim k_i^\beta$
  • $S_i^d \sim k_i^{\beta_d}$

問題点:それらの全てを説明するモデルが存在しない.本論文はそれを目指す.アイディアとして,実際の場所を用いる.

提案するモデル

各港はfitness x を持っている.大きいほど活動的.

  • Flux $W_{ij} \sim x_i x_j$
  • Cost $c_{ij}$
  • 辺があるか否かは,辺を張った時の利益が正であるか否か

計算をすると,知られている s, s^d, w の empirical な形と似た結果が出てくる